楽天カード(クレジットカード)で簡単経理、しかもポイント大量獲得!

最近、テレビで楽天カードのCMが放映されています。私は、ずいぶん前から楽天市場でショッピングをしていますが、楽天カードで買い物をすると、想像以上の楽天ポイントがたまります。

ちなみに「年会費無料」の楽天カードは、こちらです。最近は「楽天Edy」を付けることもできます。



楽天カード

上のカード以上に私がおすすめしたいのは、【楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード】です。

個人事業主や小規模法人の方は、会計事務所に経理を依頼するとき、
事業経費は、ビジネスカードに一元化して、そのカード利用明細を活用することで大変大きなメリットがあります。

私の顧問会計事務所の経営合理化指導で、この方法が指示されました。

まず、現金の経費精算には、仮払いや立て替え払いの精算などの余計な作業が多く、どこの企業の経理や会計事務所でも現金を扱う業務は非常に手間がかかります。
ビジネスカードを導入することで現金取引が少なくなると、自動的に会計仕訳数が減ることにもなりますから、大幅な労力と時間の削減ができるというわけです。

次に、ビジネスカードの導入は、資金繰り改善をしたい中小企業や個人事業主にとって、キャッシュフローの観点からも有効です。毎月決められた日に引き落としされるビジネスカード決済ならば、現金決済と比べて毎月の支払い計画も立てやすく、「カード利用明細書」で経費の内訳をチェックし、毎月必ず必要な経費を準備したり不要な経費を調べて無駄な出費を減らすこともできます。

さらには、ビジネスカードを導入することで、税務上のメリットもあります。例えば、税務調査のときに、それが会社の経費なのかプライベートな接待なのかといった公私混同がよく指摘されますが、個人と法人をしっかり使い分けていれば、税務調査においても安心です。

但し、カード利用明細書はお店が発行した領収書ではありません。税法上、利用明細書は請求書・領収書に該当しないので、お店の領収書は必ずとっておかなくてはなりません。

そして、この「楽天ビジネスカード」を使う最大のメリットは、あらゆる支払いに対して「楽天スーパーポイント」が付加されるということです。

「楽天プレミアムカード」はプライベートな支払いに使います。
これには「楽天Edy」を付けることができます。「楽天Edy」はコンビニなどでの支払いで小銭を用意したりお釣りをもらう必要もなく大変便利です。「楽天Edy」支払い時にも「楽天スーパーポイント」が付きます。

プライベートな支払いには、電気・ガス代、電話代、携帯電話使用料、インターネット通信料など、毎月多くの金額が必要なものがありますが、これらも「楽天プレミアムカード」で支払えば、「楽天スーパーポイント」が付加されます。

そして、事業所の経費全般は「楽天ビジネスカード」で支払います。もちろん、事業所の電気・ガス代、電話代、携帯電話使用料、インターネット通信料なども「楽天ビジネスカード」で支払えば「楽天スーパーポイント」が付加されます。

【楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード】で得た「楽天スーパーポイント」は、同じ名義(個人事業主・法人の代表)なので、「楽天プレミアムカード」でのプライベートな支払いの際にまとめて使うことができます。
(但し、一回の利用限度は3万ポイントまでです。一ヶ月間に最大10万ポイントまで利用できます。)

【楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード】を楽天市場で利用すれば、支払いに「楽天スーパーポイント」を使用すると、その合計金額にまた「楽天スーパーポイント」が付加されます。

プライベートとビジネスでの利用金額の合計は、個人事業主・小規模法人ならば少なくとも50万円は下らないと思います。
50万円に対する「楽天スーパーポイント」は、最低でも5000円は付きますので、年間6万ポイントたまります。

そして今なら「エントリー&入会&利用」だけで1万ポイント(※これは本来、商品を100万円分購入しなければもらえないポイントです。)もらえます。
※時間限定で、さらに多くのポイントが付加されることがあります。そのときはチャンスです!(例)72時間限定!もれなく13,200ポイント

コメントを残す

サブコンテンツ
ワンツーワン個別学院様と当方は、H25年3月末で取引を終了しました。当方へのご連絡はこちらからどうぞ。

このページの先頭へ