タブレット市場急拡大、パソコンの3分の2に迫る

米アップルの「iPad(アイパッド)」などタブレット(多機能携帯端末)の市場が急拡大している。米調査会社IDCは1日、1~3月期の世界出荷台数が前年同期比2.4倍の4920万台に増えたと発表した。同じ時期のパソコンの出荷台数は約7600万台。タブレットはパソコンの3分の2に迫り、情報機器の新旧交代が加速している。
(日本経済新聞2013/5/2より)

※学習塾業界でもタブレット端末導入が非常に盛んです。
本日から開催の『第4回 教育ITソリューションEXPO』でもタブレットを使用した授業の解説セミナーが開催されます。
▼塾・予備校・専門学校向け専門セミナー
・2013年5月15日(水) 11:40~12:402 リアルとeラーニングの融合
タブレット端末導入で授業時間を30%圧縮!
~学習塾が抱える課題を解決した“ハイブリッド型eラーニング”~
(株)俊英館 マーケティング部 部長/教育ICTコンサルタント 小池 幸司 氏
全国の学習塾に先駆けてiPad導入を実現した俊英館。バーチャル(映像解説)とリアル(従来型指導)を融合した新たなスタイルで授業の効率化に成功した。iPad導入の総責任者が『3つの成功ポイント』を語る。
・2013年5月16日(木) 11:40~12:4015 
スマートテレビとタブレットを使ったリビング学習の実現
進学教室 浜学園 映像配信事業統括責任者・Eラーニング特任研究員 圓林 真吾 氏
浜学園は「ICTを活用した家庭学習」に力を入れ、コンテンツやサービスの開発を続けている。家庭学習をより効果的にする、スマートテレビやタブレットを使った新事業について、また在宅学習の未来について本サービスの立役者が語る。
・2013年5月17日(金) 13:30~14:3011 ゲーミフィケーションを取り入れた授業
反復学習のセオリーを変えたリアルタイム対戦型授業で生徒の学ぶ力がアップ
(株)湘南ゼミナール 代表取締役社長 志賀 明彦 氏/ 取締役事業支援部長 高塚 篤 氏
湘南ゼミナールでは、89校で2000台のタブレットを活用した授業を実行している。2年目を迎え、「生徒の計算へのやる気が上がっている」(93%)、現場の「導入・運用負担を感じない」(96%)との学習効果や先生からの高い評価を受けている。具体的な活用方法、詳細を紹介する。
※上記セミナー以外にも、教育に関わる全18セミナー開催

詳細:ホームページhttp://www.edix-expo.jp/
会期:2013年5月15日(水)~17日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
後援:一般社団法人
    日本教育工学振興会(JAPET)など

コメントを残す

サブコンテンツ
ワンツーワン個別学院様と当方は、H25年3月末で取引を終了しました。当方へのご連絡はこちらからどうぞ。

このページの先頭へ